性的な行為をしたいと願う欲求。趣味趣向は人により様々でいいが、犯罪に結びつく事が多い欲求でもあるので、気を付けなければならない。恋愛欲求と混同しがちだが本質は全然違う。

飲み物を飲みたいと願う欲求。昔は部活動などで、水を飲む事を我慢させられる事があったが、実際は病気のリスクを高めているだけで何のメリットもない。その文化が残ってない事を祈る。

食べ物を食べたいと願う欲求。ダイエットは、この欲求をどう制御するかが一番の問題になる。脂肪分の多い食事は、効率よくエネルギーを取り込める為、体がつい求めてしまう。

人に縛られることなく自由に過ごしたいと願う欲求。子供は大人に縛られて生きている為、理不尽な事に対して我慢強かったりする。大人は子供を縛りすぎないよう注意したい。

気の合う人と一緒にワイワイ遊びたいと願う欲求。大人になっていくにつれて、色々な意味で都合の合う友達は少なくなっていく為、人との繋がりは大切にしておくべきである。

適切な体温を保つ為、寒さから逃れようとする欲求。体温が三十五度以下になると体の震えが止まらなくなり、三十三度を下回ると強い眠気に襲われるようになると言われている。

適切な体温を保つ為、暑さから逃れようとする欲求。人間以外にも汗をかく機能を持つ生き物は存在するが、気温の変化による体温調節の為に大量の汗をかく生き物は唯一人間だけ。

人に対し親切に接したいと願う欲求。自分の損得しか考えず、他人の気持ちを想像出来ない人ほどこの欲求は欠如していってしまう。何に配慮したいかは、文化や人によって変わる。

対象を自分の物にしたいと願う欲求。金、物、名誉、人、等と対象は個人や状況によって様々だが、人はどんなに恵まれた環境を手にしても、さらに良い環境を永遠に求めてしまう。

呼吸しようとする欲求。呼吸は普段何気なく行っている事だが、リズムを変えることで痛みを緩和させたり、あえて息を止めたりする事で眠気を飛ばして集中力をあげる事もできる。

排泄物を放出しようとする欲求。尿意と違い便意はタイミングをコントロールする事ができないので、近くにトイレがない場合や席を立てない状況では痛みとの格闘が強いられる。

怪我を避けようとする欲求。事故が起こった時の事を想像してし まうと楽しそうでもやりたくなくなるアクティビティは結構多い。 この欲求により生まれる恐怖症も多く存在する。

目標に向けて努力しようとする欲求。モチベーションとも言い換えられる。この欲求を強く維持する事はとても難しいので、低下させない為にご褒美を設定する等の工夫が求められる。

目の前に現れた問題に対し自力で解決策を導き出そうとする欲求。 誰でも気軽に参加できる上に解けなかった時のリスクもないので、 クイズ番組は昔からお茶の間に愛されている。

心動かされるものにより多く触れたいと願う欲求。映画や音楽、 漫画等、対象は人によって様々な上に何に感動するかはそれぞれ 違うので、他人に何か勧める時は注意が必要になる。

興味のある物事について深く知ろうとする欲求。知りたいと思う事は個人で異なるが、分野によっては人から尊敬されたり、気持ち悪がられたりと、他人からの反応は様々である。

恋愛対象にあたる人と、もっと親密な関係になりたいと願う欲求。友人関係の二人の内の片方が恋愛欲求を相手に抱いた場合、その事がもう一人に伝わると局面に変化が生まれる。

人から非難されたり、嫌悪感を抱かれる可能性のある行動に、ブレーキをかけようとする欲求。失敗して恥をかくことを防いでくれる面もあるが、チャレンジ精神も弱くなってしまう。

他人の言動で理不尽さや不快感を感じたとき、自分の意見を強く主張し、マウントを取ろうとする欲求。他人に意見するとき等は、この欲求を刺激しないようにしなければいけない。

眠ろうとする欲求。睡眠は不足したり周期が乱れたりすると、あらゆる病気の原因になり得る。人によって一日に必要な睡眠時間は様々なので、徹夜はやりたい人だけがやればいい。